HOME > TAKUMI

当社では、プレカット(機械加工)に頼らず、
墨付けの終わった木材を鋸(のこぎり)や鉋(かんな)などを使用して
職人の手で加工する「キザミ」を行っています。
熟練の技術を必要とする「キザミ」を行える大工は年々減少しており、
その技術を強みとする当社では、本物の住まいを創り上げるために
木材ひとつひとつを丁寧に仕上げております。

車知栓継ぎ(しゃちせんつぎ)

車知栓の打ち込み加減や、後からの増打ちで
継手の胴付き部分の隙間を空けたくない場合に用いる継手で、
打ち込むことで木材同士を引きつけあって、緊結させる働きをもつ。

金輪継ぎ(かなわつぎ)

同形の両部材の口にT字形の目違いをつけて組み合わせ、栓を差して固定する。
伝統的継手の中でも強固なもののひとつで、あらゆる方向に強度が得られるため、
柱や梁、桁をつなぐために用いられる。

蟻組み(ありぐみ)

組み合わせるお互いの板材の両方に蟻状(台形)の形に溝加工を施す技法で、
引っ張り強度に大変優れた代表的な組手。

込み栓(こみせん)

柱や桁、土台などに長いホゾを差込み側面から穴を空け、
堅木の込み栓を臍に打ち込み、密着度を増したり、抜け防止に使用する技法。